FC2ブログ
百合好きのブログ。日夜優良百合物件を探してます。その過程で見つけた百合情報サイトや百合漫画、百合アニメ、百合ゲームなどを紹介しています。
※このブログは新ドメインに移行しました。新ブログはこちら→ 百合情報局(β)
注意事項
1. 本ブログは18歳未満の方には不適切な記事が含まれています。未成年の方は何もいわず戻るボタンをクリック してくださいね(;´∀`)
2. 本ブログを通じてのサイト利用及び登録、商品購入においていかなる不利益、損害が生じても本ブログでは一切責任を負いかねます。
また、サイト利用及び登録、商品購入につきまして、各サイトの利用規約等をしっかりとご確認のうえ、ご自身の責任で行ってくださいませ。m(__)m
3. 本ブログで掲載されているWEBサービスと情報サイトの記事内容は記事掲載当時のものです。

2011.11.10 サイト名を百合情報局(β)から百合情報局(α)に変更しました。
2011.12.22 一時サイト休止
2013.01.30 サイト運営再開
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
γ─ガンマ─ 1 (ジャンプコミックス)γ─ガンマ─ 1 (ジャンプコミックス)
(2013/07/04)
荻野 純

商品詳細を見る


内容紹介
様々なヒーローが様々な悪から人類を守る時代──。「地球防衛軍ヒーロー相談課」に勤務する北鹿海鵬・酉里姉妹は悩みを抱えるヒーロー達を支援し続けていた。これは二人の少女を通して描かれる等身大の英雄譚である。


----------

百合度
★★★★☆☆(B+)

スキンシップ度:
★★★☆☆☆(B)


きました。
管理人大好き姉妹百合です。

内容としては、北鹿海鵬(きたじしみゆき)と北鹿酉里(きたじしゆり)二人の姉妹が悩み多きヒーローたちの相談を受け、それを解決していくお話。

物語は軽いノリに加えて、一風変わった題材もあって、
当初はオチャラケタ作品かと思いきや、
人の生き死にに後悔したり、悩んだり、ヒーローには付き物の重い悩みもあって、
最初、どんなノリで読むのが正解か迷った作品でした。
(管理人はもっとキャッキャウフフと思ってました。ゴメンナサイ)


百合度的には高く、ミユキの妹ラブラブアピールが凄いです。
妹のユリも嫌々ながらも、ミユキの友人に軽く嫉妬したりと、お互いが好き好きオーラ出してるので
今後にも期待できる作品です。

何気に一緒の布団で寝てたり、一緒にお風呂入ったり、イチャイチャレベルも高いです。
お風呂なんてユリがミユキに体を預けてるほどです。


ちょっと過去に一悶着あったらしく、
それからミユキが過保護になったのかなとも見受けられますが、
多分あれは元来の物でしょうね(∩´∀`)∩



■作品感想
ネタバレも有るので続きを見るからどうぞ。
感想を見る

■百合推しシーン
扉絵①
DSC_0453_20130812192409cec.jpg

扉絵②
DSC_0454_201308121924119aa.jpg

ご褒美のちゅー
DSC_0461_20130812192413143.jpg

二人で就寝
お姉ちゃんよく理性保ってるなぁ
DSC_0464_20130812192413d77.jpg

二人で入浴
ユリたん全然嫌がってない・・・もう二人は付き合ってるんですね?!
DSC_0470_20130812192415c9f.jpg
---------------------------------------------------------- 


caution.png※ここからは読んだ感想なので壮大なネタバレを含みます。















管理人的にはちょっと惜しい作品。

百合的には素晴らしいのですが、
物語のシリアス面が、少し稚拙な印象を受けて、
もう少しどうにかできなかったのかなぁと。

一番残念と思ったのは
ライトブライトの回です。

この回はライトブライトが自分がヒーローのため、過去に親友を敵に人質にとられ死なせてしまいます。
自分の中の英雄像を失ってしまい、ヒーローであることを止めてしまうライトブライトですが、
ミユキの説得等により、再びヒーローとして立ち上がるお話です。

この話でもっとも大事な、
親友が人質に取られたことや、どうやって死なせてしまったのかなどを、
ミユキはライトブライトの妹から情報を貰い、それでライトブライトの気持ちを知るのですが、

結局その親友がどんな人物像なのか、ライトブライトにとってどれほど大事な友達だったのかなどが、
さっぱりわからず、挙句は妹も襲われていて足に大怪我してたりします。

身内が襲われて、ヒーローであることに葛藤する。
と言うお話なら、妹が怪我したエピソードだけでも事足りるんじゃないかと思うのですが、


なにか、ちょっと妹の怪我だけでは、理由付けが足りないから親友を殺されたエピソードでも入れておくか。
みたいな、浅はかさな考えが見えて仕方有りませんでした。

※実際どうかはわかりません。管理人がそういった印象を受けただけです。


無駄に人死にを出すようなバイオレンス作品ならともかく、
こういった色物系の少年向けで、暗い題材を扱うならもう少し、作りこんでほしかったです。
例えば、親友とのエピソードを盛り込み、最後は親友の墓前でヒーローとして人を助けていくことを誓うなど、
良くある話でも良いじゃないですか。

ページが足りないなら2話構成にしても良いですし、
もっとやりようはあったのでは無いでしょうか。

シリアスな話を上手くまとめきれないで、次の回からは、また軽めの話されて、
読む側が、どんな空気感で読んでいいのか迷うのは止めてほしいなとも思います。

人によって受け取り方はまちまちなので、勿論一概には言えませんし、
一人の読者の主張ではありますが、
少なくとも管理人はこの回に良い印象を持ちませんでした。


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yuriinfo.blog.fc2.com/tb.php/147-ccb32040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。