FC2ブログ
百合好きのブログ。日夜優良百合物件を探してます。その過程で見つけた百合情報サイトや百合漫画、百合アニメ、百合ゲームなどを紹介しています。
※このブログは新ドメインに移行しました。新ブログはこちら→ 百合情報局(β)
注意事項
1. 本ブログは18歳未満の方には不適切な記事が含まれています。未成年の方は何もいわず戻るボタンをクリック してくださいね(;´∀`)
2. 本ブログを通じてのサイト利用及び登録、商品購入においていかなる不利益、損害が生じても本ブログでは一切責任を負いかねます。
また、サイト利用及び登録、商品購入につきまして、各サイトの利用規約等をしっかりとご確認のうえ、ご自身の責任で行ってくださいませ。m(__)m
3. 本ブログで掲載されているWEBサービスと情報サイトの記事内容は記事掲載当時のものです。

2011.11.10 サイト名を百合情報局(β)から百合情報局(α)に変更しました。
2011.12.22 一時サイト休止
2013.01.30 サイト運営再開
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合タワーリシチ (3) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)総合タワーリシチ (3) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
(2013/07/27)
あらた 伊里

商品詳細を見る


内容紹介
ド猫っかぶり優等生・神奈と究極エコ人間・悠とちゃらんぽらんズ&生徒会(&ときどき先生)のニギヤカすぎる毎日にも、少しずつ変化が表れはじめて…。 圧倒的文字量と怒涛のテンポと百面相でお贈りする化学反応JKストーリー! いよいよ完結です。


-------

涙涙(?)の最終巻です!
つぼみ休刊のため、作品の方も終わってしまいました。
せっかく魅力あるキャラクターが増えてこれから!って時に・・・

内容はいつも通りの神奈の百面相が光るハイテンションコメディ漫画。
ただ今回は、クールなイメージだった悠も色々な表情を出すようになり、
神奈に懐いた猫のようで可愛いです(゚∀゚)

恋愛面でも神奈×悠や暁×リカ、生徒会が混じった多角関係なども有り
いつもより百合度高めです!

さらに、第2回キャラクター投票や
最終回のその後を書いた書き下ろしも有って、
盛りだくさんの最終巻です!

本当に終わってしまうのがもったいない作品でした。
あらた先生の次回作に期待です。



■作品感想
ネタバレも有るので続きを見るからどうぞ。
感想を見る

■百合推しシーン

ツンデレのツン期
内心うれしいのにねぇ(*´Д`*)
DSC_0299.jpg

ツンデレのンデ期
本人気づいてないとか、まったくもー
DSC_0304.jpg

ツンデレのデレ期
もうデレデレですやん
DSC_0325.jpg

笑顔でトドメ(?)をさす
内心気づいていても、周り言われて確信に変わったりすることも有りますよね。
恋愛にかかわらず・・・
DSC_0306.jpg

ヘタレ暁
暁は犬。間違いない。
DSC_0302.jpg

無理やり脱がそうとしてる図
掴んでるのは都さん。この二人も中々
DSC_0308.jpg

悠の見つめる先
誰なんだー、一体誰なんだー(棒
DSC_0305.jpg




■ここからは神奈のおもしろ百面相。
※全て神奈です。

DSC_0313_20130801185637451.jpg

DSC_0312_201308011856369ac.jpg

DSC_0318.jpg

DSC_0319.jpg

DSC_0317.jpg

DSC_0329.jpg

DSC_0316.jpg

もう最後の方、人じゃない((( ;゚Д゚)))
---------------------------------------------------------- 


caution.png※ここからは読んだ感想なので壮大なネタバレを含みます。














今回は最終巻と言うことで、かなり勇み足でした。

せっかく出てきた生徒会の面々も時間の関係上、
うまく昇華されずにエンディングを迎えてしまった印象を受けました。
こればっかりは雑誌の休載のためもあり、大変残念でした。

リカ×暁については結構良い感じで終わったので他の面子も!
とも思いましたが尺の関係上難しかったんですかね。

あと、リカは小動物だと思ってた時期が僕にもありました。
ですが彼女はロールキャベツ系女子だったのです。

いや、言い過ぎでしたね。
でも暁のヘタレ具合に対してずいぶん勇気を出して攻めたんじゃないかなぁと。
暁がヘタレすぎるのもアレですが。


神奈×悠については最終回に詰め込みすぎた感はありますが、
最後の告白シーンが全部持っていきました。

神奈はヘタレイメージだったので、
悠からキスして慌てる神奈。と言うシーンは想像できても、
(まぁ実際最後のほうはそうでした。)

まさか、神奈から顔を近づけて泣いてる悠に優しくキスするとは、
読んでる方としても不意打ちだったので、変にテンションが上がりました(笑

そのあと、神奈が「私だってやるときはやるのよ」的な発言がまた、彼女らしく、
最高の告白シーンだったと思います。

本当にこの作品が、ここで終わってしまうのが残念で仕方ありません。
書き下ろしは有りましたが、もっと神奈と悠のイチャイチャが見たかった・・!

とくに”キス以上のこと”とかだけでも、書いてきただけませんかねぇ |ω・`)チラ
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://yuriinfo.blog.fc2.com/tb.php/137-cd68b42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。